映像から自分の知りたい世界へ ー映画鑑賞することの利点ー

私は映画鑑賞が趣味です。

多い時では一週間に5本の様々なジャンルの映画を鑑賞します。

映画鑑賞が好きな理由としては、どんな時でも時間や場所に関わらず、自分の好きな世界へと連れていってくれ、

あたかも実体験をしているかのような気分にさせてくれるからです。

特に好む映画ジャンルは、ノンフィクションのヒューマンドラマです。

かつて苦労したある人がどうやって成功まですることができたのかという内容が多いので、

自分と重ね合わせてよりリアルに感じることができます。

そこから人生のtipsも得られる時もあり、約1時間有意義に映画を楽しめ、かつ自分自身にプラスになることも得ることができます。

ノンフィクションのヒューマン系映画で特に好むのは、Freedom Writersです。

ある若い女性教師が貧しい地域で育ったやんちゃな生徒たちに学ぶことの楽しさを文字を毎日綴っていくということから見出した物語です。

新しいことを始めると必ずぶち当たる大きな壁をどうクリアしていくか、という過程がすごくリアルに映像として作られており、

また当時のアメリカの貧しい地域の子供達のリアルな現状も理解することができます。

このように、映画は見て楽しむだけでなく、そこから学んで吸収することができるのが大きなメリットです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です